内装工事

 

・軽鉄工事(鋼製下地組立)

間仕切り壁や二重天井の骨組みとなる軽量鉄骨(LGS)を組み立てる工事です。

 

・ボード工事(ボード張り)

木製や軽量鉄骨(LGS)の下地の上に石膏ボードなどを張ります。

 

・クロス工事

石膏ボードや構造用合板、コンクリートなどの上に壁紙を貼ります。紙壁紙など薄い壁紙を貼る際には、壁の凹凸である不陸を拾ってしまいやすいため、下地を調整して平らな状態で貼るには技術が必要です。

 

・塗装工事

壁や天井、建具などに塗装を施します。材質に合わせて下地や塗料を選定し、下地処理を行った後、内装はローラーやハケを用いて塗装を行っていきます。

 

・左官工事

土間打ちやモルタル施工も左官工事に含まれますが、内装工事の左官工事は、漆喰や珪藻土などの自然素材や、アクリル系塗り壁材などを主にコテで仕上げていくもの。職人の技量が仕上がりを大きく左右します。

 

・床仕上げ工事

フローリングやクッションフロア、カーペット、Pタイルなどの床材を張り込んでいきます。墨出しをして、材料をカットし、仮置きした後に張っていきますが、必要に応じて下工事として床の高さの調整を行うこともあります。

 

・木製建具工事

木製建具であるドアや引き戸、襖、障子などを設置する工事です。最近は既製品が使われることが多いですが、製作から行われることもあります。

 

・家具工事

家具工事は現場の寸法に合わせて家具工場や木工所で造作家具を製作し、設置する工事です。